変形性膝関節症の治療法と改善法|膝関節を守るサプリメント

軟骨のサプリを学ぶ

薬

変形性膝関節症の治療において、食事療法にグルコサミンなどのサプリメントを加えると効果的です。変形性膝関節症の予防では、グルコサミンなどのサプリメントが人気となっています。その理由は、簡単に摂取できることや吸収率が食品から摂取するより良い点が挙げられています。

Read

膝の症状改善

脚を押さえる人

変形性膝関節症は、日頃の姿勢や習慣にも影響される病気です。ですので、予防や治療を行う上では生活面の見直しが求められます。変形性膝関節症の予防や改善を試みる際には、ビタミンDのサプリメントと使用するのが一つの方法です。日光浴と組み合わせることで、さらに効果が高まります。

Read

女性に多い症状とは

ひざ

変形性膝関節症は、膝の関節に痛みを感じて、最後には歩行困難になる症状です。加齢によって、衝撃をやわらげる軟骨が磨り減るために起こります。この症状を改善するには、ブロテオグリカンというサプリメントを摂ると良いです。

Read

膝関節の病気とは

男女

軟骨のすり減りが原因

変形性膝関節症は、女性に多い病気で50代以降になると増加する傾向にあります。この病気は、膝関節のクッションの役割をする軟骨がすり減りつぶれることにより関節に炎症が起きる病気です。病状が進行すると関節が変形して歩行困難になってしまうこともあります。変形性膝関節症は、進行を止めることはできませんが遅くすることはできます。適切な治療とセルフケアを続けることが大切なのです。初期の症状は、朝起きたたばかりの時に歩くと膝に違和感を感じるようになります。この早い時期に治療することで病気の進行を防ぐことができます。しかし、大抵の人は疲労のせいだと考えたりして放置してしまうことが多いのです。実際、膝の違和感だけでは病気だと気づくことは難しいこともあります。

軟骨成分を摂ることも大切

症状が中期に入ってくると変形性膝関節症の症状がはっきりしてきます。膝が痛んで正座ができなくなったり、関節を曲げると痛みが走るので階段の上り下りが難しくなります。また、関節の炎症で膝が腫れたり、水がたまったりするようになります。足も重くだるい感じがするようになり、この頃から膝関節が変形してきます。膝の軟骨が潰れて関節と関節がぶつかり合うため、足を動かすと音がするようになります。後期になると、歩くのも困難になり外出するのも億劫になってしまいます。変形性膝関節症を予防や改善するためには、治療のほかに軟骨に働きかける成分を摂ることが必要です。グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸などは軟骨に含まれている成分です。これらを摂取することで、痛みをやわらげ病気の進行を遅らせる効果があります。