変形性膝関節症の治療法と改善法|膝関節を守るサプリメント

女性に多い症状とは

ひざ

歩くのに辛い症状

変形性膝関節症は、主に高齢の女性に多く発症する膝の病気です。この変形性膝関節症とは、歩いた時に膝に痛みが生じたり、炎症や腫れが起きる症状です。そもそも私たちの膝関節には、軟骨という膝への衝撃をやわらげるクッションが有ります。しかし、この軟骨は加齢と共にだんだんとすり減ってしまいます。その結果、歩く時に膝の骨同士が直接擦れ合うようになり、痛みを感じるのです。変形性膝関節症の初期症状は、階段がきつい、膝に違和感、動かしづらいなどがあります。さらに症状が進んでいくと、膝が固まったようになって曲げ伸ばしが困難になります。そして、変形性膝関節症の末期になると、関節が変形してしまい歩行困難になります。なので、異変に気づいたら、すぐに病院に行ったほうが良いです。

積極的に摂りたい成分

変形性膝関節症になったら、病院での治療の他に、プロテオグリカンを摂ることをお勧めします。プロテオグリカンとは、膝の軟骨内に豊富に含まれている成分です。軟骨内で水分を保持して、歩く時に膝関節にかかる圧力を分散する働きがあります。膝に衝撃を与えるのを防いでくれるので、変形性膝関節症の改善効果が高いです。このプロテオグリカンは、近年ではドラッグストアでサプリメントで販売されています。このサプリを食後に数粒摂取するだけで、改善効果を感じられます。その他にも、プロテオグリカンは納豆やオクラ山芋などのねばねばした食品に豊富に有ります。それと、うなぎや鶏の皮にも多く含まれているので、積極的に食事に取り入れると良いです。